最近引っ越したのですが、準備で本当に疲れてしま

最近引っ越したのですが、準備で本当に疲れてしま

最近引っ越したのですが、準備で本当に疲れてしま

最近引っ越したのですが、準備で本当に疲れてしまいました。
マンションから転居したので、業者さんに大きい荷物をおまかせしました。しかし、近所への引っ越しだったので業者さんに頼まなかったものは自分で計画を立て台車に載る分だけ転居先に運びました。

 

台車一台で、よくも運んだものです。ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の自動車についても住所変更手続きを求められますが、そのときナンバープレートも変更になるかとちょっと気がかりな問題です。
引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバープレートはそのままで良いのですが、管轄が異なる地域であれば、当然、ナンバープレートも変わります。引っ越しは居住地の移動であり、転出・転入の手続きをしますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。最寄りのNTTに連絡して、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か知っておくことが大事です。

 

 

 

固定電話の番号は、市外・市内局番とその後の個別番号から成り立っています。もし、転居先が同じ市内局番の地域だったら引っ越し後も同じ電話番号を使えます。

 

引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの中で大事なのが運転免許証の住所を変えることですね。運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。

 

引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。
住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てばすぐ変更できます。
コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し会社から借りることができる引っ越し専用の衣装ケースを利用することによりハンガーにかけられている衣服の荷造りが、格段に楽になります。
通常のダンボールを利用すると衣類を一枚ずつたたんで箱に詰めていくしかありませんがこうした運送専用の衣装ケースを使うことができればハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。運搬先でも、今度は衣装ケースから直接クローゼットに収納していくような形になります。

 

 

今回の引っ越しで見積もりを出した際、引っかかったことがありました。

 

 

 

当然のように、液晶テレビの運搬では個別の保険をかけることになっているそうです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、30万円以上の購入価格であれば、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。

 

言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかもやもやは今でも消えません。

 

 

引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。

 

ただ賃貸住宅の場合、退去時に、管理人や管理会社の担当者に対してエアコンを取り外さずにこのまま置いて行っても構わないか問い合わせてみましょう。その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。こんな風にエアコンを置いていけると取り外しの工事費がかからなくなり、それなりの節約につながります。けっこう多くの世帯で、引っ越すときに様々な側面から、生活そのものを再度見直すことになりますが、漫然と支払っているNHK受信料も考えるきっかけになります。

 

最近では、引っ越し先にテレビがないケースもあるでしょう。
受信料という無駄なお金を払う必要もないので、口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、転居後は解約するよう進めていくことをぜひ検討してください。私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。

 

引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、どこも引越社、引越センターなどの名前だったという思い込みがあったかもしれません。
ですが、今は運送会社の多くが引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。

 

退職して年金をもらうようになると、今までとは全く違う生活になります。思い切って、環境も変えてみませんか?現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活パターンが大きく変われば、住まいと生活が不一致を起こすことも考えられます。
今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。よりよい環境を求めて引っ越すのも選択肢の一つでしょう。

関連ページ

一世帯がまるまる引っ越すとなると、引っ越し当日に
天ぷらの揚げ油、アイロン,100円ライターなどどうやって捨てるのか微妙なものの捨て方を解説油 捨て方香水 捨て方布団 捨て方財布 捨て方マニキュア 捨て方ライター 捨て方靴 捨て方ダンボール 捨て方フライパン 捨て方土の捨て方
引っ越しをすると多くの場合、さまざま
天ぷらの揚げ油、アイロン,100円ライターなどどうやって捨てるのか微妙なものの捨て方を解説油 捨て方香水 捨て方布団 捨て方財布 捨て方マニキュア 捨て方ライター 捨て方靴 捨て方ダンボール 捨て方フライパン 捨て方土の捨て方
毎日快適に生活するために必要な環境は、住居内で終わるわ
天ぷらの揚げ油、アイロン,100円ライターなどどうやって捨てるのか微妙なものの捨て方を解説油 捨て方香水 捨て方布団 捨て方財布 捨て方マニキュア 捨て方ライター 捨て方靴 捨て方ダンボール 捨て方フライパン 捨て方土の捨て方
一人暮らしの方が引っ越すなら、一般的な引っ越しプラ
天ぷらの揚げ油、アイロン,100円ライターなどどうやって捨てるのか微妙なものの捨て方を解説油 捨て方香水 捨て方布団 捨て方財布 捨て方マニキュア 捨て方ライター 捨て方靴 捨て方ダンボール 捨て方フライパン 捨て方土の捨て方